診療案内

当クリニックの治療目標は、内科、循環器(高血圧、狭心症など)、呼吸器(胸部異常陰影、肺気腫、気管支喘息)、内分泌代謝(糖尿病、高脂血症、甲状腺疾患、などのことを指します。)を特に得意とし、地域密着型の皆様の少し先の健康まで見据えた治療を行うことです。

ダイエット外来

体重増加、肥満症の始まりは、成人病のはじまりです。
学生時代より、10キロ体重増加、運動不足、脂肪肝、なかなかダイエットがうまくいかない方、ご相談お待ちしております。
当院では、内科的な立場からお一人お一人にあった治療を行っております。(内科的治療に関しては、保険診療です。)

ダイエット外来Q&A

最近体重が急に増加した。
当院での治療
体重増加の原因が、内科的なものか?過食によるものか、水分過多によるものか?検討いたします。
具体的には、採血検査です。必要があれば腹部エコーで脂肪肝がないかどうか?すぐにチェックできます。
当日予約は不要ですが、空腹でいらっしゃってください。
朝起床時に顔がむくんでいる。
当院での治療
水分過多によるむくみか、重大な病気がないかどうかチェックいたします。胸部レントゲン、採血です。
採血では、BNPという心房性利尿ペプチドという心臓にかかるストレスのホルモンを測定いたします。
いま調子が良好でも、今後の調子を見るホルモンですから少し先の心臓ストレスの状態が予想できます。
水分が過多の場合、利尿薬を使用すれば良い場合と逆に、水分制限をしなければいけない場合がありますので御相談ください。
夕方靴下を脱ぐとあとがついている。
当院での治療
朝起床時に顔がむくんでいるとき同様、水分過多によるむくみか、重大な病気がないかどうかチェックいたします。
ストレスで、過食気味である。
当院での治療
現在の身長、体重から、食後の吸収を遅らせて、肥満を抑えたり、脂肪肝を少しでも改善させる薬を必要に応じて使用いたします。まずは採血検査が必要です。空腹でいらっしゃらなくても結構です。また、体重によっては食欲抑制薬を少量しようすることもあります。
お酒を飲む量が増えた。
当院での治療
腹部エコーで脂肪肝がないかどうかチェックいたします。必要に応じて採血で肝臓の機能を調べます。

ダイエット外来体験談

F.Aさん(実は私自身です。)

実は、昨年12月の時点で、身長162cm、体重72.5Kgでした。ウエスト88cmのズボンをはいてました。血液データHDL28、中性脂肪500オーバー まさに、メタボリック症候群でした。私は父が54才で心筋梗塞でなくなっております。
ダイエットのきっかけは、12月ある夜明け、42才の心筋梗塞が来院したとの緊急の呼び出しがありました。 私は緊急心臓カテーテル治療を行うため、CCUへまず向かいました。しかしその患者様は、大動脈が急性に解離しており、冠状動脈まで避けていたのでした。 心臓外科チームによる緊急手術が施行されました。まだ幼稚園に行き始めた位のお子さんが、まだ若い奥様と一緒に手術を待っていらっしゃいました。 奥様は信じられなという表情で、手術を待っておられました。伺うところによるとちょうどその日健康診断を受けられたとのこと。血圧が高かったようですが治療しておられなかったようです。 手術は成功しましたが、全身状態不良でお亡くなりになりました。
私は、ほぼ同年代で、お子さんが小さいのに・・・とショックでした。 そこで、今の自分の生活を再検討し、また空腹の我慢や、忙しくて運動できないことを考慮し、内科的に薬できっかけを作ることにしました。
食欲抑制薬を少量と、コレステロールの薬を内服しました。また薬で胃が荒れないように胃薬と、便秘薬の対策をしました。 過食傾向の私は、薬が著効し、2ヶ月半で、体重は63.5Kg,ウエストは78cmまで改善いたしました。途中からは、体が少し軽くなり、病院でエレベーターをなるべく使わず 階段を使用しました。運動はそれだけです。食事はなるべく揚げ物や肉をさけ、野菜中心、魚などを摂取するようにしました。 食欲抑制薬は、長期には使用しないほうが良いので途中から漢方薬や、長期に内服可能な、食後の吸収を抑えて、インシュリンの抵抗性が改善する薬も内服しました。
正直、夜中にお腹がへることもありましたが、なるべくキャベツや納豆で我慢しました。 写真を添付いたします。現在は長期に内服しても安全な薬を内服しております。食後もお腹がぷくっとすることもなくなりました。 でも油断すると65Kgくらいにすぐなってしまいますね。

H,Yさん 27歳女性 (一緒にCCUで働いている看護師さんです。)

当直の時、最近体重が増えて悩んでいると相談を受けました。仕事の関係でストレスも多く、過食のようでした。 便秘対策に加え、ビタミンざいに加え、食欲抑制薬を処方して、食事についてのアドバイスを行いました。
しかし薬を内服しても食欲はあまり落ちないとのこと。1~2Kgで誤差範囲でした。 ぜんぜん痩せないとのことでした。
そこで漢方薬を処方しました。2週間後彼女はすでに効果を実感しておりました。調子がよいとのことで、合計3週間の漢方薬の内服で、食欲が落ち、 少ない食事の感覚をつかめたようです。

目標の-5Kgを達成したようです。今は薬からも離脱しております。でも定期的に彼女に、食事に気をつけ、高いモチベーションを保ちつづけるように 励まし続けております。

TOP