診療案内

当クリニックの治療目標は、内科、循環器(高血圧、狭心症など)、呼吸器(胸部異常陰影、肺気腫、気管支喘息)、内分泌代謝(糖尿病、高脂血症、甲状腺疾患、などのことを指します。)を特に得意とし、地域密着型の皆様の少し先の健康まで見据えた治療を行うことです。

呼吸器科

呼吸器の分野では、胸部異常陰影のチェック、肺気腫、慢性呼吸不全、気管支喘息の治療にも対応しております。
特に胸部異常陰影に関しては、1年に1度の胸部レントゲンに加えて、もう一度チェックされることをお勧めします。

1年に1度では特に喫煙される方、ご両親ががんで亡くなっている方は、不十分です。
半年おきにはチェックされることをお勧めいたします。

また、喘息の治療も得意としています。昭和大学藤が丘病院より専門医が月に一度専門外来を行っております。大学のスケジュールにより日程の変動がございますので、詳細は当院までお問い合わせください。
喘息は、きちんと治療しないと重積発作の発症など、死にいたることもありうる病気です。特に若い方が病気を軽視したために喘息死されているという報告もあります。きちんとホームドクターをもちましょう。

特に呼吸器、循環器は、循環専門医だけでなく大学のCCU緊急カテーテル班または、救命救急センターの現役呼吸器専門医が治療に当たります。

TOP